借金の問題と債務整理や自己破産について

近年、借金の悩みを抱えている現代人がとても大勢いるといわれています。借金が嵩んでしまった場合には、利息額が雪だるま式に積もってゆくことになるために、ますます生活が追いつめられることが問題となっています。

そこで、借金の問題を解決するための方法として債務整理について関心が寄せられています。債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの色々な方法が挙げられますが、各人の返済能力や借金の額などに応じて最も理想的な方法を選択することが求められています。また、多くの場合素人が太刀打ちできない問題に発展することから、できるだけ司法書士などの専門家に相談をすることが良いとされています。

法律の専門家の力を借りることによって、債務整理のタイミングや種類についてのアドバイスを受けることができ、経済的な負担はもちろんのこと、精神的なプレッシャーも少なくすることができます。インターネット上では債務整理の問題に詳しい司法書士事務所などの情報がたくさん掲載されており、多重債務者のために無料の相談窓口を設けているところもあります。

こうした手段を活用することによって、自己破産の事態を未然に回避することができ、社会的な信用を失わないためにも良いとされています。自己破産をした場合には、新しくローンを組むことができなくなってしまったり、事業を始める際にも制限が行われることがあるために、できるだけその他の方法で借金の問題を解決することが大切です。

nayamugaijin

自己破産とは?

「自己破産」とは、カードローンなどで、借金がかさみ返せなくなってしまったり、住宅ローンなどが払えない状態に陥ってしまった場合に債務者が行う最終的な手段のことで、「自己破産」を申し立てることで、全ての債務は免責になり返す必要はなくなります。

借金の返済に万策尽きた債務者にとってはたいへんありがたい方法ですが、もし資産がある場合は全て没収されます。それに加えて、自己破産を申し立てたことにより破産申し立て後10年は一切の借金が出来ません。

債務整理の手段には、「任意整理」「民事再生」「自己破産」がありますので、借金による困窮具合に合わせて選ぶ必要があります。債務整理とは、法的に一度借金を整理して無理のない生活を送ることができるようにする等、借金で困っている方を救済する方法のことです。

「マイホームを手放したくない」とか「利息は無理でも借りたお金が返せそう」といった債務者なら、自己破産をするまでもなく、任意整理で、弁護士や司法書士が代理でローン会社と交渉をし、借入金の減額や無理なく返せるように分割してもらったりする方法があります。

債務整理を行う過程の中で、払いすぎたお金が「過払い金」として戻ってくる場合もあります。これは利息制限法に基づいて、今まで支払ってきた高い利息から、本来払うべき正しい利息の金額を差し引いた額を返してもらえるからです。

借金でどうしようもなくなってしまったら、ひとりで解決するのはたいへん難しいので、弁護士などの法律の専門家に相談することをお勧めします。

多重債務でお悩みの方はこちら>>多重債務.jp