債務整理とは

借金をしてそのお金を返済できなくなってしまったとしても、債務整理という法的な手段を利用することによって、問題を解決できるようになっています。

特に、債務整理の中でも自己破産という手段を利用すると、借金そのものを返済しなくても良くなるのです。

債務整理というのは、文字通りの意味で借金などの債務を整理するための法律の事を言います。本来、金融機関などから借りたお金はきちんと相手に対して返済しなくてはいけないのですが、不慮の事故や不測の事態になどによって借金を返済することができなくなってしまうこともあります。そのようなときは、法律上も無理に借金を返済する必要がないようになっているのです。

債務者の日常生活を壊してまで借りたお金は返済しなくてはいけないものではありませんので、こうした事態になってしまったときには自己破産を利用することによって、債務そのものを全て無かったことにすることができるわけです。

自己破産を利用するためには、それを利用するだけの免責事由というモノが必要になります。つまり、自己破産をするだけの理由が債務者に存在するのかどうかです。

自己破産の免責事由はかなり寛容になっており、例えば自身の非によってできてしまった借金などもこの免責事由に含まれるようになっています。

そのため、会社の経営に失敗してお金を返済できなくなったようなことであっても自己破産を利用できるわけです。

自己破産の利用範囲は広範ですので、困っているときには相談することが賢明なのです。