自己破産という選択肢

どのように金策しても借金を返しきれないという場合、一般的にまずイメージされやすいのが自己破産という選択肢ではないでしょうか。

しかし実際には、自己破産について具体的な内容をきちんと把握している人は少ないと言えます。仕事を失う、不自由な生活を強いられることになるなど、間違ったイメージが浸透していることもあり、借金が重なってもなかなか手続きをする勇気がないという債務者は意外と多いのです。

借金の返済が自分一人の力だけでは手に負えなくなってしまった場合、債務整理という法的な手続きで解決することができます。

債務整理には主に任意整理・民事再生・自己破産の3つの種類があり、借金の額や資産、収入などの内容によってどの債務整理が適しているのかはそれぞれ異なります。

自己破産は債務整理の中でも一番返済能力のない人に適した方法で、一定の財産を手放さなくてはならないというデメリットはありますが、法的に認められれば借金そのものをなしにすることができるという大きな利点があります。特に資産がほとんどない場合は手続きがスムーズに済むことが多く、裁判所によってこれ以上支払う能力がないと認められることで借金が帳消しになります。

自己破産の手続きを行うとそれがすぐに世間にバレてしまうと誤解している人も大勢いますが、債務整理はどの手続きも会社などに知られずに済ますことが可能です。仕事を失う心配もなく、破産後の収入を没収されるようなこともありませんので、生活を立て直しやすい制度だと言えるのです。