借金問題解決の糸口

長い人生、誰でも時にはお金に困って借金をすることもあります。更に様々な不運が重なったりすれば、返済困難に陥ってしまうこともあります。そんなピンチになると、思わず「自己破産」という言葉が頭に浮かぶこともあります。しかし、早まってそれを実行してはいけません。その前に、まずは債務整理を考えるべきです。

それは、合法的に借金を見直して、返済に困っている人が無理のない生活を送れるように再生させる手段のことを言います。それには三つの選択肢があります。任意整理、民事再生、そして自己破産です。

任意整理というのは、裁判所などの公的機関を通さず債務者と債権者で話し合い、負債を減額してもらうように交渉することです。当事者間の話し合いで解決できれば、それに越したことはありません。また、民事再生とは個人再生とも言い、住宅ローンを抱えているけど住宅は手放したくない人や破産したくない人(たとえば破産すると資格を失う保険外交員など)が利用する方法です。そして自己破産とは、任意整理や民事再生では埒が明かない多額の負債を抱えた人が、地方裁判所に破産を申し立てることによって借金を帳消しにしてもらう方法です。

一口に返済に行き詰まって苦しむと言っても、様々なレベルがあります。ですから、もしも本気で債務整理を考えるとするなら、まずは上記の三つの選択肢のうちで、自分にはどれが最適なのかを検討することです。もしも自分ではよく分からないようなら、弁護士などの専門家に債務整理の相談をしてみることです。無料相談を実施している弁護士事務所もありますので、まずはネットなどで探してみましょう。